まだまだ続く開拓(ドラクエビルダーズ2)

2019年02月28日

『ドラゴンクエストビルダーズ2』
今でも進行中です。

1月31日に行われた 無料アップデートにより、
「かいたく島」が追加され、
そこで新たな制作が 出来るようになったため、
キッチリと整地しつつ、街を作っていました。

こういう街並みを作る事で 大切にしている事は、
やはり 実際に住んでみて心地よいかですね。
作れる部屋数は100という制限はあるため、
トイレなどの設備は 略したりしていますが、
従来のドラクエの世界観を思い浮かべながら 作っています。

実際、今後のアップデートで 住人を呼べるようになるらしいので、
それまでに、住める所を 作ってあげたいものですね。

そして、今日配信された ダウンロードコンテンツも購入。
和風関連のブロックやアイテムが追加されました。

「ワビサビ島」が追加され、
そこには松の木や竹、イネとソバが生えています。
松は通常のハンマーで たたくと 木材になってしまうので、
ストーリークリア後に入手できる ビルダーハンマーが必要になります。

「フサフサ島」が そのままベースなのは やや残念ではありますが、
追加DLCの大半は、クラフトできる物にあります。

テストに作ってみた壁。
瓦とは、「しっくいのカベ」が合いそうですね。
ただ、材料に「まき貝」が必要になるため、
今まで無視していた マリンスライムも狩りの対象になるかも。

新たな中間素材「和紙」も登場!
材料には「竹」を必要としますが、連結可能なものが対象のようなので、
ビルダーハンマーで取得していると、和紙の材料には なりません。
なので、通常のハンマーを使うのも手ですが・・・

めんどくさいなら、爆破しましょう!
威力は低いが範囲は広い『古びたまほうのたま』がオススメ!
これなら、すべての竹が 連結可能オブジェクトとして取得できます。

「和紙」は「中間素材」カテゴリの中にあります。
今まで 中間素材を作る事が なかったため、
作業台での このメニューでは、灰色のままでしたが、
今回のDLCにより、ようやく解禁されたというワケです。

さて、話は変わり、ソバとイネですが、
これも住人に 育ててもらう事も可能です。
かかしに登録するには、からっぽ島で 収穫すればいいのですが、
育つまで待てないのなら、ビルダーハンマーで育ったものを持ってきて、
からっぽ島の 適当な場所に置いて 剣で収穫するだけでも登録できます。

和風パックの方は まだ本格的に使ってはいませんが、
これだけの内容で 700円とは お手頃な価格。
それに、無料アップデートの方でも、不具合の修正はもちろん、
モンスター出現ルールの変更など、積極的に行ってくれているため、
売って終わりではなく、このゲームに対し、
非常に強い熱意を注いでくれていると感じました。

Pocket